ラ経つチャップいらナンモ別

Just another WordPress site

*

ウイイレやFIFAのサッカーゲームの改善点

   

サッカーゲームが好きだ。

20数年前に出たスーパーフォーメーションサッカーをご存知の方はいらっしゃるだろうか。あのゲームは伝説的に面白かった。

まず、当時初とも言える縦スクロールでの試合ビュー。

これはMFが縦に一本入れることでFWが得点のチャンスを作れることを多くのサッカー少年に教えたくれたと思われる。

そして斬新だったのが、オフサイドがないことだ。

どんなにディフェンスラインを超えていようが縦一本のパスを咎められない。

そして更に面白いのが、審判がレッドカードしか持ち合わせていないことだ。

審判の笛=レッドカードなのだ。イエローカードなど持っていない。

なので試合が終わる頃に8人対9人なんてことはザラのゲームだった。

正直あの頃はあれで十分面白かったが、あれから20数年経った今ではサッカーゲームは驚きの変化を遂げた。

実際の選手の動きを取り入れたモーションキャプチャーなどの技術で、本当のサッカープレイヤーの動きを見事に再現しつつある。

しかしだ。

しかし、これを言いたい。

ディフェンスがボールを持ったオフェンスのプレイヤーに足を出すべくボタンを連打すると、ボール奪取後に、そのままあらぬ方向にパスをしてしまうのである。

時にしょうがない場面もあるが、ボタンの連打がとめられず止む無く相手チームにパスをしてしまうことが試合中に幾度となくあるのだ。

これはウイニングイレブンが発売された頃からの問題で、最近人気で上回っているFIFAシリーズでもいえることだ。

これだけ進化を遂げているサッカーゲームのこの問題を何とか改良してほしい。

ミントc jメールの評価

 - 未分類